突発性発疹の原因と病態

MENU

突発性発疹の原因と病態

突発性湿疹の原因と不具合は

 

突発性湿疹はウイルス性の感染症の一つだ。突発性湿疹の原因と言われているウイルスが『奴ヘルペスウイルス』だ。

 

ヘルペスウイルスは感染しやすいウイルスで、8種類に分類されている。突発性湿疹が起こる原因のウイルスが『奴ヘルペスウイルス6仕様という7仕様』だ。

 

感染すると、体内に抗体ができるので、再感染することはありません。ただし、6仕様に感染して抗体ができても、事後、7仕様に感染することもあります。

 

原因になるウイルスが2種類あるため、2回発症してしまうこともあります。

 

 

突発性湿疹になりやすい年代
突発性湿疹は生後5ヶ月~1歳くらいのこどもが感染しやすく、9割は1歳以下で発症すると言われています。

 

2歳までに感染するので、免疫を持っています。そのため、2歳を過ぎるとそれほど発症することはないです。

 

生後半年頃になると、お母さんから受け継いだ免疫がなくなる年と言われています。そのため、生後半年ところが突発性湿疹になりやすいのです。

 

 

突発性湿疹の不具合は
■ふらっと39度以上のエネルギーを出ます
■感冒の不具合の咳や鼻水などが突如起こります。
■39度以上のエネルギーが3~4お日様続き急に意欲が下がります。
■意欲が下がると共に形相・首・胃腸・背中などに赤い湿疹が全身にあらわれます。
疼痛やかゆみはほとんどありません。
2~3お日様で徐々に不具合が改善して1週間ほどで赤い湿疹はなくなります。

 

 

突発性湿疹の手当施策
湿気供給が大切です。3~4お日様はエネルギーが貫くので汗を多くかく結果、湿気供給をこまめに行ってください。

 

母乳や母乳以外にも麦茶などでこまめに湿気を補給する行為。一度に大量の湿気を加えず、こまめに行うことでこどもの負担が軽減されます。

 

 

エネルギーの目論み
胸・首筋・脇の下などを冷ますことが効果的だ。汗をかいたらなるたけ早めに着替えを通じて下さい。

 

 

突発性湿疹との合併症に文句
突発性湿疹は重症化することはほとんどありません。ですが、稀に髄膜炎や脳炎などの重篤な合併症が出てしまう行為あります。
・エネルギーが続き熱性引きつけを起こす
・吐き気や嘔吐
・脱水不具合を起こしている
・黄疸が見られる
こんな不具合があらわれた場合はアッという間に病舎をめぐって下さい。

 

 

突発性湿疹の感染経由
感染経由は詳しくはわかっていません。
・奴ヘルペスウイルス6仕様って7仕様に感染やる個人との性行為などによるストレート感染
・くしゃみや咳が飛散してかんせん講じる飛沫感染
・ウイルスに感染やる個人といった接触して感染する接触感染があります。

 

奴ヘルペスウイルスは感染能力がいまいち深くありません。耐性のしょうもない乳児などとキスやおんなじ食器で食事をしてしまうと家中で感染が連なることもあります。

 

また、こどもの感染経由は、家中での感染以外にも、保育園などで感染やるキッズの唾液のついた手立てを触ってしまい、その手立てを自分の口に入れてしまう結果感染するケー。

 

奴ヘルペスウイルスに感染すると、1~2ウィークほどの潜伏した先に不具合があらわれます。

 

発熱って湿疹の不具合が出ないこともありますが、下痢・眼のむくみ・耳の後ろのリンパ節が腫れるなどが起こることもあります。

 

また、急にエネルギーが出るので、熱性引きつけを起こしてしまうこともあります。

 

バルトレックスターゲットへ